加齢による腰痛

加齢による腰痛

老化と共にリスクが増大する椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアについての説明を行いたいと思いますが、まずは椎間板についての説明を行います。

 

腰部に存在する24個の腰椎の間にそれぞれ存在するクッションのことを椎間板と呼び、背骨にかかる衝撃や負担を骨へと直に伝わることがないようにしてくれています。その構造は大福餅のように例えられることが多く中心の餡を髄核、皮の部分を繊維輪軟骨と呼びます。椎間板は全体で骨を支えるのではなく、中心の髄核がクッション性を保ち繊維輪軟骨が髄核を保護しているのです。

 

加齢と運動療法

しかし、老化や激しい運動などで椎間板が外に飛び出してしまうことがあり、その飛び出した椎間板が脊椎の神経を圧迫してしまい坐骨神経痛みや足のしびれと足の痛みを引き起こす場合があるのです。それを椎間板ヘルニアと呼びます。完治が困難です。

 

前述した通り、椎間板ヘルニアは飛び出した椎間板が脊椎の神経を圧迫する為に痺れを引き起こしますが、痺れる箇所の範囲は圧迫された神経の場所と接触する程度によって異なります。そして痺れと同時に筋肉が炎症を起こすので激しい腰痛が発生します。

 

病院での検査方法

椎間板ヘルニアの検査にはX線検査やMRI・ミエログラフィー・ディスコグラフィー・CTを使用して行い、ヘルニアをおこしている椎間板の特定とヘルニアの形態を調べます。
椎間板ヘルニアは軽度であれば無痛の状態なので治療の必要が無いように、その症状によって治療方針が決定されますが第一の目的は炎症による腰痛の軽減となります。

 

その治療法は原則的には手術を行わない保存療法が実施され鎮痛剤などの内服薬や、湿布や塗り薬のような外用薬の投与から開始し、治療の経過によっては運動療法やストレッチ、牽引といったリハビリテーションも行われます。それでも痛みが改善しない場合には神経ブロック療法を用いて硬膜外ブロックや神経根ブロック注射といった方法がとられます。しかし、保存療法では効果が認められない場合には手術が考慮され椎間板ヘルニア後方摘出術や、内視鏡を用いたヘルニアの摘出術が行われます。


ホーム RSS購読 サイトマップ